menu

もうほとんど現実です

白い服を着ている女性

今までとは違ったものを

VRというのは最新の映像技術の結晶です。
どれほどの大画面のスクリーンで見るよりも、映像に没入する事ができます。

そんなVRは高いものだと思われがちですが、安いものならば数千円で購入することもできるために非常におすすめです。
VRでアダルトコンテンツを楽しみたいという方ならば一つくらいは持っておいたほうが良いかもしれません。
最初から何万円も出して購入して失敗するのがいやならば、数千円の安いものを試してみるのもいいと思います。
そうすることによって、様々なエロコンテンツを最大限に楽しむことが可能になります。

またVRゴーグルの中には非常に軽く小さなものもあれば、「え、これ軍用のモデルとかじゃないの?」と感じるほどのゴツゴツしたものもあります。
もちろんそういった大きなサイズのものならば、よりリアルな映像表現をすることができます。
自分の需要によってゴーグルを選ぶことが重要です。

またVRゴーグルを購入する際にどこで、何で購入するかというのは非常に重要です。
最近では家電量販店や雑貨屋でも取り扱っているVRゴーグルですが、即日欲しいという場合を除けば、通販サイトを利用することをおすすめします。
なぜならば、在庫的な問題があるからです。家電量販店や雑貨やではどうしても入荷前などのタイミングの悪い時があります。
しかし通販であればよっぽどのことがない限り品切れはありませんし、品切れしたのであればもう家電量販店などで購入することは難しいでしょう。
またわざわざお店にいって品切れとなると時間を無駄にした感がすごいです。
それなら到着まで少しかかろうと通販を利用することをおすすめします。

VR酔いには気をつけよう

VRというのはリアル過ぎるコンテンツが故に、「酔う」ことがあります。
テレビゲームをしていて、「3D酔い」と呼ばれるような感覚を体験したことがあるとは思いますが、VRでも実際にそのような酔いを体験することはあります。

VR酔いの感覚としては、乗り物酔いのあの感じに近いものになります。
映像の動きに脳が情報を処理できないのです。
そんなVR酔いの対策とは一体どういったものなのでしょうか?

そもそもVR酔いが起きる原因は映像と感覚の不一致によるものです。
現実のような映像なのに、そこで自分の視点が動いているのに体は動いていないなどという感覚が、脳にとっては非常に奇妙なものなのです。
そのために、三半規管などのバランスを保つ器官がおかしくなってしまい、VR酔いが発生するのです。

ズレを解消するのに有効なのはfpsを高くすることです。
fpsとは「frame per second」の略になります。一秒あたりのフレーム数という意味で、映画やアニメでいうところの1コマ分ということになります。
一般的なテレビや動画などは30fpsを採用していることが多いです。
つまり1秒間に30コマ分の画像が流れ、それを脳が動画として積分しているということです。
最近のアクションゲームやシューティングゲームではその倍の60fpsのものが一般的になってきました。

VR酔いの原因はfpsが低いことにあります。
あまりなめらかではない映像だと脳が混乱するということです。
テレビなどで低fpsの映像を見ても酔うことがあるくらいなのですから、没入感の強いVRならば余計に酔うのは当たり前のことです。

帰られなくなる前に

VRというのは非常に強い現実感を感じることができるアイテムです。
そんなVRの情報をまとめたサイトを見ていると、やはりみなさんアダルトな要素に興味があるようです。
まあそれは仕方のない話です。
アダルトビデオの世界に没入したいと感じることは誰しもあることなのですから。
中には女性向けのエロコンテンツもあるためにおすすめですよ。

スペックが今とは比べ物にならないようなパソコンしか無かった時代には、そんなVRで動画を見ることができるようになるとは思いませんでした。
せいぜいエロ画像をみることが精一杯で、エロ動画を見ようと思えば架空請求のサイトに飛ばされることが多くあったものです。
そのために安全なまとめサイトを探したものです。
しかし現代ではVRを使って臨場感と没入感のあるアダルト作品を楽しむことが可能になったのです。
アダルトビデオだけでなく、3Dゲームを楽しむことが可能なのも嬉しい点です。
今までの画面ありきの、動画という概念が変わります。
ぜひVRでの仮想現実体験を楽しんでください。

人気記事一覧

遠くを見ている女性

「VRのアダルト作品で現実のような体験を楽しみましょう!」の人気記事です。

read more »

エロ画像からオナニーを

エロ画像で抜けるのは中学生までだという人もいるでしょう。しかし、画像といっても一枚絵やavの切り抜きなどでは無く、漫画ならばエロ画像でも充分に満足できるのではないでしょうか?

read more »

女性向けのものも…

エロというのは非常に閉ざされたジャンルのものです。特に女性であればエロ画像を見ているだけで変態扱いされることもあります。しかし「性」とはそのようなものなのでしょうか?自分の好きに楽しまないといけませんよ。

read more »

好きな要素を知っておく

コンテンツというのは様々な要素から成り立っています。その中でも特にアダルトコンテンツとういうのは「好き」というものが強く反映されるものです。好きなものがどういう要素なのか知ることは大切ですよ。

read more »

仮想の狂気にご注意を

VRを利用する場合というのは、virtual insanityもとい仮想の狂気には注意しなければなりません。つまり現実との区別をしっかり付けなければいけないということです。欲動に従うのもほどほどにしましょうね。

read more »